S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Search this site
「社団法人 藤沢市建設業協会」の活動記録ブログです。
道路清掃やビーチクリーン・募金活動などの社会貢献活動や「地震・大雨・暴風・積雪」等の災害発生時に行う地域パトロールなどの防災活動をご紹介します。
<< 建設フェスタに参加してきました。 | TOP | 藤沢市地域防災活動推進大会にて藤沢市建設業協会の活動報告を行いました。 >>
災害時の放送協定を締結

藤沢エフエム放送(株)(小澤一成代表取締役社長)と、(一社)藤沢市建設業協会(村上進会長)は11月24日、災害時における放送協力「レディ防」の第1号協定を結んだ。これにより、協会会員が出動時に得た情報は、ラジオを通じてスピーディーに市民に届けられる。

「レディ防」とは、地震や風水害などの非常事態が発生した際に、協定を締結している団体や事業所、個人から寄せられた「迅速かつ、正確な」情報をレディオ湘南が発信していく仕組み。水道や電気、ガスのライフラインの有無をはじめ、通行困難な道路、渋滞・迂回情報、河川の増水情報、浸水状況、難場所状況、火災などの情報は番組内で紹介される。また、平常時には地域イベントや桜の開花状況、新店舗情報などを紹介。情報はホームページやSNS、電話、ファクス、無線などを通じて、広く募るという。

小澤社長は「防災ラジオとして、守れる命を一人で多く、守りたいと考えている。今後は、藤沢をはじめ、茅ヶ崎や寒川、横浜などのタクシー会社やボランティア団体、店舗などと協定を結び、情報源を増やしていきたい」話す。

 

SNSを皮切りに

協定のきっかけとなったのは、2014年10月の台風15号だった。防災ラジオとして、より多くの地域情報を共有できないかと協議してきた同局は、台風15号の大雨被害の現場でパトロールを行う市建設業協会に目を付けた。現場にいち早く到着し、被害情報を得ている会員らと連携すれば、より正確な情報をリアルタイムで届けられると考え、翌11月からは、実験的に会員有志とSNSで情報共有をスタートさせた。

調印式で村上会長は、「最初は自発的に始まったものだったが、改めて協定を結び、気の引き締まる思い。向かう方向は一緒なので、手を取り合って社会貢献できれば」と語った。

(タウンニュース藤沢版 2016年12月2日号より)

 

posted by 社団法人藤沢市建設業協会 | 16:38 | - | comments(0) | - |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 16:38 | - | - | - |
コメント
コメントする